スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七彩ボタン(アイドルマスター*双海亜美、水瀬伊織、三浦あずさ)

冒頭の亜美が亜美というよりもあさぽんじゃないかと感じた今日この頃。
とことで、『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 02』より、『七彩ボタン(M@STER VERSION)』です(´・ω・`)
前回の『きゅんっ!ヴァンパイアガール』の相応メンバーがアニメOPで特定できたとはいえ、それが確固たるものとして定着していた印象は(自分の中では)ありませんでした。それだけにしっくりこない部分もあったのですが、今回のこの曲と言ったらば竜宮小町。そのイメージがあったからこそ、すんなりと聴き入ることができました。
……でも個人的に歌詞妄想には向いていないんですよね。アイマスの世界の竜宮小町の持ち歌であるというイメージそのままに、あくまで作中歌(要はアイドルソング)という印象が歌詞全体からも感じられてしまうので……ね(´・ω・`)
まあそれは先入観もあるのでしょうが、どちらにしろ妄想しづらいのは事実です。全体が繋がってわかりやすい歌詞のものと違って妄想しがいがあるのも確かなのでしょうが、私は小鳥さんと違って低レベルなので……ね(´・ω・`)
そんな言い訳はともかくとして歌詞に目を移してみましょうか。

キミが触れたから七彩ボタン
全てを恋で染めたよ

キミが触れたから七彩ボタン
全てを花咲かせたよ

キミが触れたから七彩ボタン
全てを輝かせたよ

キミが触れたから七彩ボタン
全てを虹に変えたよ


気になるとしたら、そのままタイトルにもなっている“七彩ボタン”の存在でしょうか。
歌詞を見るに、非常に万能なアイテムとして君臨するこれ。何かの比喩になっているのではないかと勝手に妄想してみるのは楽しそうですが……うぅむ、わからん!(`・ω・´)
でもわからないなりに、これは何なのだろうと考えつつ聴いてみるのもまたおもしろいのかもしれないと思ったりします。たとえばこれがアイドル自身であると考えるならば、歌詞全体としては受身的立場だと思われた彼女たちが花咲かせたり輝かせたり…周りに素敵な影響を与える立場としてとってもいい感じになるじゃないのさと思ったり。それに“キミが触れた”がなんだかエロティックに聞こえたり…(*´・ω・`*)

…………はい、戻りましょう(´・ω・`)
七彩ボタンの“ボタン”ですが、歌詞の前提として考えられたコントローラーのボタンの他に、花の牡丹やら衣服のボタンがあります。ここでの七彩ボタンが何を意味しているのか、一つに限定せずに歌を聴いてみるのもまたおもしろいかなーとも感じますね。
ζ*'ヮ')ζ<とにかくいろいろな聴き方をすればステキかなぁーって。


最後に。
M@STER VERSIONとして完成されたのになんか物足りないなぁと感じたのは前回のきゅんパイアもそうでしたが、今回の七彩ボタンも、当然のことながらダンスがないんですよね。
初出がゲームの方だったからこそそちらのイメージが先行してしまうため、振付がないことに違和を感じてしまう……そういった意味ではやっぱりアイドルはビジュアルも大事なんだなぁと感じた今日この頃なのでした。
……だからボクはアイドルソングよりはもっと他の系統の方が好きなんだよね(´・ω・`)

にほんブログ村 ゲームブログ アイドルマスターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

本隆侍一粋

Author:本隆侍一粋
ごく一部の邦楽や、サッカー、アニメ好きな人間(25)です。
音楽は主にアニソンを聴くほか、THE BACK HORN、レミオロメン、SunSet Swishが好きです(*^ω^*)
ただ音楽の知識は皆無!(`・ω・´)

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。